50歳からの転職ガイド特集|成功へのポイント

*

50歳からの転職で押さえておきたいポイント

1 50歳からの転職、現状は?

 50代からの転職は厳しいと言うイメージが、一般的にあります。確かに、大学や高校の若い新卒でも就職難を感じている現代において、もはや若くはない50代の転職は、さらに難しくなってしまうと考えられるかもしれません。また、実際に内定が決まったとしても、収入が前職よりダウンしたり、就職先の上司が自分よりも目下だったりと、新しい環境にストレスを感じるケースも、あるかもしれません。

 しかし、そうした中、50代からでも見事に転職活動を成功させ、生き生きと働いている人々もいるのです。キャリアも収入もアップし、転職ライフを満喫することは、決して不可能ではありません。ただ、そのような場合には、自らが置かれている現状や適性、転職を成功させるためのコツを、きちんと把握する必要が出てくるでしょう。

2 経験を経てきてからの強み

 50代からの転職活動を実りのあるものにするためには、50代ならではの強みと言うものを、再考してみると良いかもしれません。なぜなら、若い新卒の人材にはフレッシュな魅力がありますが、50代の人材にも、シニアゆえのアピールポイントいうものが必ずあるからです。

 それは、何よりも長い間働き続けてきた50代だからこそ持てる「経験」や、それに基づくスキルでしょう。長い勤務経験から培われたスキルは、一朝一夕には身に付かないものであることは、採用する側である企業も良く理解しています。

 そのため、こうした「即戦力」を提供することができる50代の転職者に、ラブコールを送っている企業もまた多いのです。そのため、50代からの転職活動で内定をゲットするには、このように即戦力を期待している企業に当たってみることをまずおすすめします。

 また、現在の50代の人のほとんどは、「日商簿記検定」という資格を持っていることでしょう。この資格は、経理に関連する仕事を得たいときに、役立つ可能性があります。2級以上を取得しているとより効果的です。

3 ポテンシャルの高い人

 50代の人ならではの強みを理解したら、今度はそれが企業側にとってどのように有益になるのかについても考えてみましょう。成功者の共通点の1つには、採用する側である企業が、自分たちにどんな特性を期待しているのか熟知することにより、内定ゲットをより確実なものにすることができるのです。

 上の項目にも書いた通り、企業が50代の人材に求めているのは、まさに「即戦力」だと言われています。その背景には、景気が上昇してきてはいるものの、各企業がまだまだ利益向上のために悪戦苦闘をしている、という特徴が存在しています。

 このような状況において、大学や高校の新卒を雇い、じっくりと手間暇をかけて即戦力へと育て上げていくのは、時間のムダと考える風潮が強くなってきています。また、こうして若手社員を育成している間に、ライバル企業に負けを取ってしまうことも、実は最近では珍しいことではないのです。

 このように考え始めている企業にとって、既に長い勤務経験があり、即戦力になれるポテンシャルの高い50代の人材は、まさに救世主との呼び名が高くなっています。また、同一の会社の経営理念や雰囲気によく通じているのであれば、50代の転職者を通じ、そうしたノウハウを手に入れたいと考えているライバル企業から声がかかることもあります。

4 転職サイトを活用し、内定をゲット!

 50歳からの転職を考える場合、一番に思いつくのは、ハローワークを利用した転職活動かもしれません。確かに、ハローワークは公式の職業安定所として、信頼して頼れる手段ではあります。

 しかし、ハローワーク以上に活用することを考えてみてほしい手段があります。それは、転職サイトです。インターネット広告をにぎわすこともある、大手のリクルート企業によって運営されている転職サイトには、年代や学歴を問わない求人が、非常に多く寄せられています。もちろん、50代向けの求人もバラエティ豊かにそろっており、その種類や数はハローワークのものよりも多いと言われています。

 また、こうした転職サイトに登録すると、転職サイトが抱えるキャリアアドバイザーやキャリアコンサルタントと直接会い、面談をすることができることもあります。面接でのアピールの仕方や応募書類の正しい書き方など、一人で勉強するには大変な事柄について指導をもらえることがあるので、ぜひチェックをしてみてほしいものです。

 50歳からの転職活動の成功には、「情報」も大きな武器となります。この情報を豊富に取り揃えている転職サイトは、転職の際に心強い味方になってくれることは間違いありません。

5 転職サイトを利用して転職成功!利用者の声

「ハローワークよりも好条件の求人がたくさんあり、もちろん内定も得られた。」

 待遇の良い企業の求人は、公的機関であるハローワークよりも、やり手の企業である転職サイトに集まりやすいようです。

「50歳からの転職は厳しいと皆に言われたが、こういうサイトなら良い求人が見つかるのだと思った。さすが大手だけのことはある。」

 中には有料のサービスが含まれる場合もありますが、利用することによって非公開の求人を閲覧することも、転職サイトなら可能です。

6 転職のコツを知り利用できるものを最大限に活用して頑張りましょう

 今までずっと働いてきた会社を去り、転職活動を一から始めるのは、とても勇気のあることかと思います。転職先での収入や待遇も気になりますし、なかには体力が低下している状態の方もいるのではないでしょうか。仕事をしながら転職活動もする、というのはかなり大変だと思います。その上、内定率が厳しいと傍から言われ続けては、気が滅入ってしまうことも多いかもしれません。

 しかし、転職のコツを知り、使うべき道具を最大限に活用することにより、スムーズに転職活動を行うことができます。充実した転職ライフを送ることは、決して夢物語ではなくなりますし、絶対に成功する日がありますので、思うようにいかない状態であっても、今までのキャリアに最大の自信を持って、転職活動をコツコツと続けると良いでしょう。頑張って下さい。

リクナビNEXT
詳細
★★★★★
・大手リクルートが運営しているから安心
・幅広い年代層をカバー
・気になる企業を一括管理できる

公開日:
最終更新日:2015/04/03